夜を日に継いで

アタシのちっぽけな泣き笑い、たまに怒り…。

アンタに告ぐ

浪人生で予備校通いの19歳の息子に、今だからこそ伝えられることはあるのか?

あるとしたら、それはいかなるものか?と、最近くよくよ考えているアタシです。

 

アタシは、没頭してほしいと思ってます。必ず目標を達成するために。諦めずに。

朝5時半に起床し、1時間自習し、身支度して7時半に家を出て、夜10時過ぎに帰宅。

自分で決めて、実行しています。

お弁当持っていく時、畳んだ洗濯物を自室に持っていく時、

「ありがと」と、必ず言ってくれます。それだけで、今はいいんじゃないか、

と、思うのです。

 

しかしながら主人は、

世の中は、男は、そんなに甘くねぇーと、常々言っておりまして、

先日も、

『予備校生だからって、何もしないでいいと思ってるのか?

弁当なんか、作ってもらってるんじゃねぇー。高校生じゃないんじゃー。

てめぇーで作らんかい。その分早起きせんかい。

バイトも出来ねぇなら、毎朝犬の散歩と、階段の掃除機と、

日曜日は俺の車の洗車くらいしたってバチ当たらんわい。

出来なきゃ大学あきらめるんだなっ!』

。。。

アンタがバチ当たってしまえ~!!!

 

息子は朝5時に起床し始めました。自分でおにぎり作ってます。模試に行く前に

洗車してます。大学受験あきらめたくないから。だそうです。

 

娘も将来の為に大学に行きました。

今、息子も、将来の為頑張っています。

それを実現させてあげるべく、アタシ達夫婦は頑張りました。頑張っています。

でも、夫婦の力だけで出来たわけじゃないと思います。

子供たちがいたからこそ、この子たちの親になったからこそ、頑張ってこれたんだ

と思うのです。

 

だから、

アンタに告ぐ。 

19歳の息子に何が教えたいんじゃ? どうなってほしいんじゃ?

 

あぁ、くよくよ~。

アタシは甘いのかな~。

無力だな~。