読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜を日に継いで

アタシのちっぽけな泣き笑い、たまに怒り…。

勝てる気がしないコンビニスタッフ~

去年の今時分、いったいどんな服を着ていたんだろう?と、

タンスの中を、引っ掻き回している今日この頃。

朝の洋服選びほど、時間の無駄使いはないなと、

こんな時必ず、スティーブ・ジョブズが浮かぶアタシです。

真似したいこだわりです。

 

ようやく、悩んで悩んでチョイスした、

ボーダーセーターと、ジーンズと、スニーカー。

なんだ、結局そこに落ち着いたのか。

ヤッホー!シンプル&定番バンザイ!

あっ、この組み合わせおとといにも着たっけね…。

 

まぁ、いいか。。。

 

タイトルにある、コンビニの話です。

以前は、えーっと、娘が生まれた頃だから、27年程前の話だから…。

仕切りなおして、

昔の話ですが(おったまげー)

コンビニは定価でしたよね。近くて便利だけど高かった。

子育てが始まったばかりの若夫婦のアタシ達には、贅沢なお店でした。

 

けれど昨今、

安くて便利で品揃え豊富で、パンもお弁当も美味しいときたもんだ。

雑誌の立ち読みなんて、てやんでぇー。

今じゃ、スィーツとドリップコーヒーの時代よー。

 

いわゆる、

お昼のお惣菜を買う為に、駅前のコンビニによく行ってるという事です(笑)

 

そうなれば当然、コンビニで働くスタッフさんも覚えます。

ただ、

スタッフさんとお客さんの接点は、ほぼほぼレジ前に限られているので、

スタッフさんが誰であろうと、さほど影響ないのが通常です。

たまに、袋詰めのセンスに乏しい人はいますが、それはさておき。。。

 

よく行くコンビニに、ただ一人

会話術で勝てる気がしない、女性スタッフさんがいるのです。

 

例えば、『卵の炒め物』のお惣菜を買ったときは

   スタッフ「お箸はお付けしますか?」

いり卵風で箸では食べにくそうだったので、

   アタシ「スプーンをつけてもらっていいですか?」

   スタッフ「スプーンですか?」

   アタシ「はい、スプーンでお願いします。すみません」

   スタッフ「いえ、全然大丈夫ですよ」

 

例えば、レシートじゃなく領収書が必要なときは

   アタシ「領収書で頂きたいんですけども」

   スタッフ「領収書ですか?」

   アタシ「はい、すみません、領収書でお願いします」

   スタッフ「はい、いいですよ」

   アタシ「すみません…。」

 

 

スプーンですか?や、領収書ですか?の後には、「マジで?」という

心の声が聞こえる。

 

恐るべし、オウム返し!

 

いつか、いつか、勝ちたいと思っているアタシです。