夜を日に継いで

アタシのちっぽけな泣き笑い、たまに怒り…。

スケジュール帳が不要になって寂しい

4月始まりのスケジュール帳。

例年のごとく、

2月あたりから、書店や雑貨屋さんをめぐり、散々悩んだあげく、

やっぱり「手帳は高橋」だわね。って、定番を選んだアタシです。

新たな一年の管理をお願いいたします。と、使い始めるのを楽しみにしていた…。

ええ、楽しみにしていたはずなのに…。

なんと、

切り替え作業を、すっかり忘れていたアタシです。

気が付いたのは、先週4月4日の事。

しかもこの日は、27回目の結婚記念日。

すっかり、結婚記念日も忘れていた、ポンコツ妻です。

妻の風上にもおけねぇー、ポンコツヤローになってしまいました。

主人よ、本当にごめんなさい。

 

しかし、どうかしてるわぁ。

アラフィフで、こういう忘れ方って、シャレにならないでしょ。

とうとう来たか?老いか?って、焦るもんだわね。

 

とにかく、なんで?って、自分を省みてみれば、

3年前、息子が高校入学したあたりから、

スケジュール帳はスカスカになり始めてて。

たまたま、くじ引きで当たってPTA役員になったけれども、

本部じゃないから、各学期に一度招集があるくらいだし。

あとは、ちょっとの行事と、定期テスト等の短縮で、お弁当なし男ですか?って、

そんなもんでしたから、アタシが知っておきたいことは。

 

娘も社会人だし、子供の予定は、ほぼほぼ関係なくなった。

すなわち、

書く予定がなくなった=切り替え作業をすっかり忘れた。

と、結論づけました。

 

こうなると、兎にも角にも寂し。

あぁ、寂し。

うぅ、寂し。

子供が成長していく喜びと引き換えに、

すっからかんになっていくアタシのハート…。

どうにもならない、すっからかん。

 

娘が生まれて、予防接種や健診、じじばばに会いに行く日、オムツを買いに行く日、

公園に行く日、牛乳とタマゴの特売日。。。

 

幼稚園になってからは、お母さん弁当の日、運動会、参観日、遠足、夏休み。。。

 

娘が小学生になって間もなく息子が生まれ、

スケジュール帳は、何色かのペンで賑やかになったものです。

 

子育てロス。。。たまらなく落ち込む。

 

けれど、

ここから本当のアタシ自身の歩みが始まるのかも。

とも思うのです。