夜を日に継いで

アタシのちっぽけな泣き笑い、たまに怒り…。

太陽光線

こんばんは。

今日、日向にいると、

じんわり体に太陽光線が蓄積していく感じでした。

 

風もうららかで、

午後3時の休憩時間に、

ほんの数分、うとうと…。

 

懸命に、このまま、うとうとをしていてもいい理由を探したけど

見つからず。。。

 

そりゃそうだ~

それが大人だ~

仕事しろ~

 

穴蔵のような会社に戻ったら、

あっという間になくなるよね、太陽光線の余韻なんて

 

やさぐれるよ。。。

 

っていうか、やさぐれてたんだよ、アタシは、もうとっくのとうにさ。

 

だってね、

 

だって、

 

だって、

 

午後一、いつもの流れで、社長(←夫)に報告をしてたら、

「おまえ、うるせーよ」っと、

 

(はっ?報告してるだけですけど?今の発言、まじ、おったまげーですが?)

そんな心の声が漏れぬよう、

「すみませんでした」と、謝りましたよ。

 

年度末で多忙なのはわかるけど、

社長が夫じゃなければ、

絶対、辞めてる!

 

こういうことの、我慢って、結構積もっていくのだよね。。

 

夕食時には、

浪人クンの話で、夫は酔いに任せて、

就職はどうするんだ?とか、

そんなんで金は稼げるのか?とか、

あーじゃねーの、こーじゃねーのって、

つべこべ言わずに、とっとと、決断してやれっつうーの!

 

本人次第だろうが。。。

 

そして、9時ごろ帰宅した娘は、

「なんかぁ~歯がいたくてぇ~」

 

そんなの、知ったこっちゃないわ、とっとと歯医者に行け!

 

 

 

あぁ、うららかな太陽光線に包まれてうとうとしたいなり…。