夜を日に継いで

アタシのちっぽけな泣き笑い、たまに怒り…。